シェアする

【川村怜インタビュー①】揉まれ続けた10年間。Avanzareつくばでのぼった階段

思考優位な性格。良いプレーをするために

川村は、今では日本代表のキャプテンも務める。
熱いメンタリティ。
それは日の丸の中心にふさわしいレベルにあると、少し話せば伝わってくる。

また古い話で恐縮だが、競技を始めた頃の川村は、同世代と比べてもメンタルの揺らぎが大きかった。

「僕、昔から考えすぎるタイプなんですよね。思考優位になりがち。そういうときは、やっぱり良いプレーができない。だから、(マイナスなことやストレスの)流し方を覚えたんですかね」

二十歳前後の自分と比べられても、という話なのだろうが、彼の全身から漂う強さを前に訊かずにはいられない。

そういう考え方を手にしたきっかけってあるの?

「経験とか、いろんな人と話して、自分なりに整理して。きっかけ……、って言うと思い付かないけど(笑)」

【川村怜インタビュー①】揉まれ続けた10年間。Avanzareつくばでのぼった階段
この記事をお届けした
Blind-ft.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。