シェアする

【三原健朗 単独インタビュー②】福岡を愛した男。百戦錬磨のブラインドサッカー常勝術

MINOSUNRISEの文字とみのさんの写真

三原選手は、日本ブラインドサッカー黎明期から活躍するプレイヤー。
日本代表キャリアも長い。

今まで対戦したチームは数え切れないだろうが、対戦相手によって戦い方は変えるのだろうか?

「(相手によっても)基本的なことはかえない。福岡なら守備から入ろうという基本スタイル」

だが、その基本原則を崩すこともあると言う。

「相手チームの分析がしっかりできてれば、(分析結果に対して効果的な部分で)基本スタイルを崩していく。攻撃パターンを増やしたり、ディフェンスラインの上げ下げをしている」

しかし、相手に振り回されることはしない。

「あくまでベースを作ったうえでのこと。守備から入って、相手分析で変えていく」

良いガイドとは?

数十という単位で収まるだろうか。
今まで数多くのガイドとコンビを組んで来たみのさんに「良いガイドとは何か?」をきいてみた。

「僕がガイドに求めるのは、サッカーを知ってる人。例えば、藤井潤(ラッキーストライカーズ福岡)。僕の動きで、何(どんな情報)が欲しいかがわかる。
距離が欲しいんだろうな、何枚(相手DFが)いるんだろうな。自分の動きをよんで、先々に情報をくれるコーラーが理想。

そして『短く的確に』、これが本当に難しいんでしょうけどね(笑)

今話したことは、全て難しいし理想なので、誰でも出来る訳じゃ無い。
だからこそ、打ち合わせ。事前の打ち合わせが最も重要」

ガイドとイメージがずれたときの対処法

目まぐるしく戦況が変わるブラインドサッカー。
ゴールへのチャレンジを続けるトップ(サッカーで言うFW)と、ゴール裏から相手選手の動きを客観視し続けるガイドの間で、イメージがずれたとき、みのさんはどうするのだろうか?

「プレー中は(ガイドへの注文は)殆ど言えない。
あまりにずれてるときはタイムアウトとってくれと言う。そこで打合せしないと修正は難しい。
だから自分は前提の確認、準備を入念にやってる。試合前の確認。これが重要」

コメントの入力は終了しました。