シェアする

【マッチレポート】東日本リーグ2017開幕戦 free bird mejirodai VS たまハッサーズ

鳥居と黒田 二人からみえるブラインドサッカーの新時代 

立ち上がり、free bird mejirodai(フリーバード)が果敢に攻める。
鳥居健人が右サイドを高速ドリブルでかけ上がりシュートを放ったかと思えば、次の攻撃では逆サイドにスルーパス。

7番ソノベユズキ(取材が足りずカタカナ表記ご容赦ください)も、鳥居に負けない鋭いドリブルシュートで、相手ゴールを脅かした。

戦前の予想に反して、完全なフリーバードペース。
開幕戦の立ち上がりは、鳥居の独壇場だった。

静かな男の熱気と、徹した勝負師

しかしこのままおとなしく引き下がる王者ではない。
前半の後輩になると形勢逆転。
ゴールスローを前線で待ち構える鳥居を、田中が徹底マーク。
ゴールスローをカットするか、鳥居の足におさまっても即座に潰す。

そこからのカウンター。
田中のパスを受け黒田が、超速のドリブルでシュート。

得点を奪った。

鳥居の逆襲の行方

直後のキックオフ。
フリーバードは、鳥居が鬼気迫るドリブルでゴールに迫った。
ディフェンスに弾かれたボールはエンドラインに。

コーナーキック。
鳥居はこれでもかと得意のドリブルでハッサーズ守備陣に挑戦するが、屈強で巧みなディフェンスが持ち味の田中にボールを奪われた。

田中はすぐに前方へパス。

そこには既に、黒田が駆け上がっていた。

直後、先ほどの再現が起こる。
豪快なシュートが、ゴールネットを揺らした。

始まりの終わり

終わってみれば、黒田がハットトリックを果たし、3-0で、たまハッサーズの圧勝。

後半は、前線に上がる三人の選手が、まるでラグビーのように横にボールを回す新しい攻撃スタイルを披露するほど、余裕ある勝ちっぷりだった。

フリーバードは、鳥居が獅子奮迅の活躍を見せる。
だが、黒田、田中という二人のトップランカーにがっちりマークされたなかで、ゴールに迫ることは出来なかった。

3-1たまハッサーズの勝利。
開幕戦は、7月に日本一となった勢いそのままに、東日本リーグディフェンディングチャンピオンが余すとこなく実力を発揮した試合だった。

free bird mejirodaiの魅せる未来

結果、内容ともたまハッサーズ一色の試合。
しかし、その秘めたる可能性は無限大だと感じさせる、フリーバードのチャレンジングなサッカーが垣間見えたことを、最後に伝えたい。

チームが発足して僅か一年。
ブラインドサッカー未経験者が中心のチームだが、その戦いぶりには強い信念を感じる。

鳥居という実力者に頼りきりとはならない。
ボールを奪えば、誰であろうと攻め上がる。

ディフェンス陣も、ゴール前で小さく固まるようなことはしない。
相手が黒田だろうが、早い段階からチャレンジしに行く。

セルフィッシュなイメージのあった鳥居のプレイスタイルも一変した。

トリケンの可能性も引き出す若き力

自分とは逆サイドに相手ゴールスロー。
鳥居は恐れることなく全力疾走し、高校球児ばりのスライディングでカット。

自らに集中するマークを引き付けたまま、前線のスペースへスルーパス。
ソノベを走らせる。

トリケンこと鳥居健人は本来、誰よりも先を見通すゲームメーカーなのだ。

9月2日 第2節 @筑波大学

free bird mejirodaiは明日(9/2)の東日本リーグでは、松戸・乃木坂ユナイテッドと対戦する。

開幕戦。松戸・乃木坂ユナイテッドは、惜しくもbuen cambio yokohamaに0-1で敗れたが、試合内容は日本選手権ベスト4相手に遜色ないものだった。

前節での経験がすぐに力になるfree bird mejirodaiの選手たち。
ブラインドサッカーの酸いも甘いも知り尽くす松戸・乃木坂ユナイテッド。
百戦錬磨の試合巧者に、伸び盛りの若獅子がどこまで通用するか。

第2節の第1試合。
2017年、つくばのブラインドサッカーは、衝撃とともにスタートする。

9月2日(土)ブラインドサッカー東日本リーグ2017 第2節 組み合わせ
9月2日(土)に開催される、「ブラインドサッカー東日本リーグ2017 第2節」の組み合わせが発表されました。 第2節の組み合わせ ...
【マッチレポート】東日本リーグ2017開幕戦 free bird mejirodai VS たまハッサーズ
この記事をお届けした
Blind-ft.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする