シェアする

「みんなで成長したい」育成部長が語るAvanzareの強さと課題

村上育成部長が描くビジョン

その後で、村上さんは育成部長としての想いを語ってくれた。

「Avanzareが(イタリア語で)前進を意味することに結び付けるわけじゃないが、みんなで成長したい。チームのみんなが、、、というのは掛け声だけではなく。
昔、パズルのピースがどうこう言った人もいるし。『みんながパズルのピースです』と。

それぞれの人がそう感じられるようにしていきたい。
総力戦。(その言葉に伴った)チームにしたい。
『一人一人がどういう力を持っていて、それをどう合わせたいか』というのがチームにないと、一人一人が動くはずはない。
みんなで前進する、という状態を作る」

編集後記

最後に、現役ゴールキーパーである村上さんに、選手としての抱負を聞いた。

「自分の技術を落とさないようにしたいという思いはあります。
それは維持するという意味でもそうだけど、年齢敵に落ちていく部分もあるし。

今まで意識しなかったことを工夫してみようとは凄く小さなことだけど、練習中に考えながら試しながらやっているので。
技術をなるべく維持して落とさないようにしている。そういう想いでやっている」

日本選手権は第1回大会から皆勤。
控え目な表現で抱負を話してくれたが、まだまだ負けるつもりも闘志の衰えもないはず。

村上さんの熱いブラインドサッカーへの想いがあれば、ドップチームの中でも、着実に若手選手が育つはずだ。

スターの卵が、育成部の熱で羽化するのを、楽しみに待とう。

構成:岡村

「みんなで成長したい」育成部長が語るAvanzareの強さと課題
この記事をお届けした
Blind-ft.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。