シェアする

「みんなで成長したい」育成部長が語るAvanzareの強さと課題

階段を昇るのに必要なこと

階段作りの中で、今のAvanzareつくばに足りないものってなんですか?
「自分の壁が何かを提示し、それを解決する方法を伝える。その時間が欲しい。
教え方のハウの部分。一対一で伝える時間」
育成部長として、目標(ターゲット)にしていることは?
「選手育成という成果で、いつまでに結果を出すというのは(現状)難しい。どれくらいの時間が使えるかもあるし。教える側も教わる側も。
逆に言えば、いま形になってない、していない。それを形にするのがミッション。
トップチームでなかなか育成の時間や人員が取れないなかでどうするか」
育成部長は、0から1を生み出す仕事なんですね。
とは言ってもAvanzareの若手選手は漏れなくみんなメキメキと力をつけていますよね?
「他のチームのことはわからないけど、
うちの選手たちは、それなりにやってると思う。練習に来れば来た回数分だけのことはやっている。最大成果までとは言い難いけど、やっている分だけの力はつけている。のびしろはあるが、力は確かにつけている。
チームの中でも目立つ力にはなってないかも知れないけど、やっただけの力はついている」
だからこそ、育成部長として、そののびしろ一杯に成長させたい?
「みんなで進歩したい、かな」
「みんなで成長したい」育成部長が語るAvanzareの強さと課題
この記事をお届けした
Blind-ft.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。