シェアする

歴史的死闘。まだ迎えぬその結末【2018クラブ選手権 マッチレポート】

決勝戦

確固たるスタイルで、勝ち上がってきた両チーム。
ナマーラ北海道は2試合とも零封。
相手はいずれも際立った攻撃力を持っていた。彼らの堅守は、日本ブラインドサッカー史上屈指だろう。
攻撃でも、敵陣を抉るようなゴールスローと、それをゴールに叩き込むエース戸谷。
強烈な武器も持っている。

対するAvanzareつくばは、豊富なタレントが随所で仕事をし続けた。
中盤の厚みと重たい圧力。ボール奪取からの速攻は、まさに電光石火。

つくばの攻撃力を、北海道の守備陣が受け止める試合展開になるのか。
それともナマーラの強烈な飛び道具が、Avanzareの土台を揺るがすのか。

試合の筋書きを誰も予測できない。
そんな2チームの戦い。

開始早々ペースを掴んだナマーラ北海道

試合開始。
前半はシュート数こそAvanzare優位だが、試合は完全にナマーラ北海道ペースで進んだ。

アタッカーが多いからこそ前がかりになるAvanzareの背後に、鋭いゴールスローが飛ぶ。
それを確実にトラップした戸谷が、すぐさまシュートを放つ。

中盤でのボール争奪戦を制し、すかさず攻める。そんなAvanzareの持ち味を、ナマーラが完全に消し去っていた。

Avanzareの最終ラインは、相手ゴールスローのたび、低い位置へ押し戻される。
エンドライン際だろうと、ゴールに向かって真っ直ぐドリブルで進んでくる北のエースに、完全にリズムを崩された。
失点こそなかったが、前半通して終始窮屈な動き。
準決勝のハッサーズ戦でみせた、ボール奪取からの速攻は見る影もない。

試合のリズムも、ナマーラに付き合わされて、単調になった。
エース川村がドリブルで駆け上がってシュート。
しかし、それも全てゴールキーパーに阻まれる。
いや、川村がどれだけ仕掛けようと、ナマーラの守備陣形は崩れていない。
キーパーのセービングも素晴らしいが、彼らはしっかり、川村のシュートコースを消していた。
日本代表のエースから、シュートのイマジネーションさえも奪いとった。彼はシュートを撃たされていたのだ。

前半終了。0-0。

歴史的死闘。まだ迎えぬその結末【2018クラブ選手権 マッチレポート】
この記事をお届けした
Blind-ft.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする