シェアする

歴史的死闘。まだ迎えぬその結末【2018クラブ選手権 マッチレポート】

初陣

準々決勝。対戦相手は、西日本リーグ2位の兵庫サムライスターズ。

強烈な個性が並ぶ西国の侍。
先発の誰もが、点を獲れ、守備も出来る。
だからこそ、攻守にかける人員数に無駄がなく、スマートな戦い。

前半はとにかく一進一退の攻防が続き、お互いに相手ゴールを脅かしていた。
エース川村怜の先制点こそあれ、いつ兵庫が逆転してもおかしくない。そんな試合展開。

しかし、それもAvanzareつくばにとっては後半への布石だったのだろう。
前半、中盤で増田、山川という若手選手が、攻守かまわず走り回って、試合のペースを落とさなかった。
選手層はAvanzareつくばが上。

タフな試合展開に、後半、兵庫の足が止まり始める。

そこへ波打つように、決定力を持つストライカーを投入した。
佐々木ロベルトが2連続ゴール。
再投入のアブディンが、左サイドから円を描くようにドリブルした後、遠心力に逆らって右足で豪快なシュートを決める。
怪我から復帰して8年ぶりのその得点は、往年のスター選手そのものだった。
極めつけは、試合終了間際に再投入された三原。体を倒しながらのしなやかなシュート。
ベンチの期待に応えた追加点。

5-0。Avanzareは持ち前の攻撃力で、初戦を見事、勝利で飾った。

歴史的死闘。まだ迎えぬその結末【2018クラブ選手権 マッチレポート】
この記事をお届けした
Blind-ft.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする