シェアする

歴史的死闘。まだ迎えぬその結末【2018クラブ選手権 マッチレポート】

準々決勝 ソリル チャヌン サラン ドゥル戦

初戦のソリル チャヌン サラン ドゥル。
このチームには、安定した高速ドリブルで、ゴールへと果敢に切れ込むアタッカーが二人いる。
中盤サイドフェンス沿いでゴールスローを受け、そのままサイドを駆け上がり、ゴール前で折り返す。

対するナマーラ北海道は、3人をゴール前に固め、綺麗な3角形でゴール前のスペースを消していた。

敵の行く手を見事に塞いでいた。

終わってみれば0-0
PK戦の末、勝利した。

会場の中には『引き分けPK勝利狙い』そんな評を持つ人もいたかも知れない。
しかし、続く埼玉T.wings戦で、初戦の勝利が真の強さによるものだと証明される。

日本選手権決勝でたまハッサーズを苦しめた、加藤、菊島の男女日本代表コンビがいるチームを、初戦同様、見事な守備で零封。
更には、鋭いゴールスローから、エースストライカー戸谷がゴールを決めた。

1-0。辛勝ではない。快勝だった。

歴史的死闘。まだ迎えぬその結末【2018クラブ選手権 マッチレポート】
この記事をお届けした
Blind-ft.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする