シェアする

【工藤綾乃ビーフト特別インタビュー③】初代世界女王。いざ世界一の向こうへ。~つくばから羽ばたくブラインドサッカー日本女子代表~

JAPAN WAYというロゴと女子日本代表ポスターを手にした工藤選手

女子ラグビーを10年以上続けてきたという異色のキャリアを持つ工藤綾乃選手(Avanzareつくば)。

2018年、日本ブラインドサッカーの国際大会の幕開けとなる、2月24日(土)アルゼンチン選抜戦に、女子日本代表として出場する。

所属するAvanzareでのポジションは、ゴールキーパーの前でディフェンス最後尾である『最終』。
女子日本代表でのポジションはどこなのだろうか?

「女子ではいろんなポジションをやっているので、自分がどこかわからない(笑)」

しかし、その起用法を彼女は前向きにとらえている。

「女子日本代表は、誰がどのポジションに合うかを試しているところ。
自分も、どこでも出来るのが一番良いのだろうと思って、こだわりなくどのポジションも経験したい」

ユーティリティという最強ポジションへ

Avanzareではディフェンスのイメージがついた彼女だが、女子の試合となれば立ち位置は違う。

「サッカーの経験は幼稚園でゴールキーパーをやっていた程度。
でも、ラグビーでのキッカーもやっていたので。ボールの形は違うけど(笑)」

ラグビーで培った突破力とキック力がある。
監督も、守備だけではなく攻撃で試したくなる選手だ。

そんな工藤選手に2/24の目標をきいた。

「去年(2017年)のウィーンでやった大会でも勝ち続けているので、勝つ。
今チームで練習していることがしっかりやれれば勝てると思う」

2月24日対アルゼンチン選抜戦の見どころ

初代世界女王のブラインドサッカー女子日本代表。国際試合いまだ負けなし。

「以前の試合と比べると、女子だけでも男子と同じようなサッカーが出来ているというのと、
バランスのとれた位置取りというのを心掛けているので、そこも見て欲しい」

2018年2月24日(土)さいたまノーマライゼーションカップ。対するアルゼンチン選抜は、昨年の世界選手権に不出場だった強豪国の主力選手が主体。

真の世界一を決める戦いと言って過言はない。
世界女王の初防衛戦をぜひ生でご覧あれ。

構成:岡村

JAPAN WAY~つくばから羽ばたくブラインドサッカー女子日本代表~
男女でのカテゴリ分けがない競技 男女の差があることは、ブラインドサッカーも例外ではない。。 日本代表クラスの選手を相手にすれ...
【工藤綾乃ビーフト特別インタビュー③】初代世界女王。いざ世界一の向こうへ。~つくばから羽ばたくブラインドサッカー日本女子代表~
この記事をお届けした
Blind-ft.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする