シェアする

【前編】ブラインドサッカーはアメフトに似ているのか?ワールドグランプリについて言いたかったことを少し添えて

Avanzareつくば成長の原動力

創部当初のAvanzareは、発足時から『日本一』を目標にしてきた。
それがチームアイデンティティでもあると思う。

だけど創部当初、僕らは日本一はおろか、日本選手権の決勝にも進めないのが続いた。

当時Avanzareの印象を問われれば、みんな『田村友一のワンマンチーム』そう答えただろう。
正GKの浅間さんは日本代表だったし、当時GKをしていた魚住さん、日本選手権皆勤の村上さんの実力も高い。
最終の只野さんも、中盤の竹晃さんも、みんな上手だった。

それでも『田村友一のワンマンチーム』と思われるのは、彼の決定力が凄まじいものだったから。

長年Avanzareの中にいた身としては、友一さんが与えてくれた大切なものは、他にあると思っている。
彼の決めたゴール数よりも、もっともっと大きなこと。
考え抜かれた「ブラインドサッカー論」や、誰も試していない戦術や練習法なんかは、その一例。

田村友一が僕らの地図を描き足し続けたからこそ、僕らAvanzareに『前進し続ける』という基本理念が染み付いた。

【前編】ブラインドサッカーはアメフトに似ているのか?ワールドグランプリについて言いたかったことを少し添えて
この記事をお届けした
Blind-ft.comの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。